UHA味覚糖 茸のまんま 蒙古タンメン味 カリッカリの椎茸!飛び散る唐辛子!新感覚のスナックにちょっとアレンジもしてみました。

衝撃のしいたけスナック

辛くて美味いラーメン、蒙古タンメン中本の蒙古タンメン味でてました。
茸のまんま自体食べるの初めてなんだけど、楽しみ。

蒙古タンメン中本と言えば、昔先輩に連れられて食べに行ったのが初めて。
冬の寒い中、15分ほど並んでようやく入店。

頼んだのは確かスタンダードな蒙古タンメン。

唇がひりひりしながら辛くて辛くてなかなか進まないけど、汗と鼻が止まらなくなりながら食べ終えた一品。

辛さの中に美味さがあって、美味しかったなぁ。

辛いの大丈夫な人は北極、とか辛さ◯倍とか挑戦してる人いるよね。すごい。私無理。
食べて外に出た途端、寒空の下で汗が冷えて先輩と「やばい、風邪引いちゃうー!」って言いながら足早に帰ったのいい思い出。

そんな蒙古タンメンの味を椎茸のお菓子で。

開けた瞬間、飛び散る唐辛子

椎茸スナックって書いてあるから、

中は干し椎茸なんだろうなぁ〜って封を開けた途端に、飛び散る唐辛子
「わーー。。。」
(あーあ、こぼしちゃったー)
(、、これまじで辛いやつじゃん)

2つの思いを抱きながら中を見ると、結構赤い
覚悟して一口目へ。
食べてみると、辛いは辛いけど、椎茸の旨味と合わさって食べやすい。

けどやっぱりそれなりに辛い。
サクサク食感の椎茸は噛めば噛むほど味が出てきて、

さすが出汁の帝王「椎茸様」って感じ。

辛い→うまい→水分欲しい→辛い→やっぱうまい→水分ないとダメ→うまい→辛い→水分

この繰り返し。
なんでこのお菓子思いついたんだろう。

斬新だよね、椎茸をスナックにするって。
ヘルシー志向のスナックが増えてるからブームなのかな?

思いつきで椎茸本来の形へ

突然思いつく。
「お湯の中に入れたら、出汁出るんじゃないか?

→蒙古タンメン風になって更にうまいんじゃね?

その思いを胸にお湯の中に入れて待つこと数分。
椎茸の出汁でてる色になった!

干し椎茸を水で戻した感じの柔らかい見た目になってる!
ワクワクしながら茸のまんまスープを飲む私。

味うっっっっす!

そりゃそうだよね。何も味付けしてないんだから。そりゃそうだよ、トホホ。
醤油を少し垂らしてほんのり味付け。

うん、うまい!椎茸の出汁が効いてる唐辛子もいいアクセントになってる。

じゃあ肝心の椎茸は?と言うと、やわらか食感と硬い食感の中間地点で、なんとも微妙。
食べられなくないけど、もっと美味しく出来るはず!って感じ。
そういうスナックじゃないから何とも言えないけど、次買ったらラーメンに入れて更に蒙古タンメン風にして食べてみたい!

蒙古タンメン食べに行けよっ!って怒られるやつ。

スタンダードな茸のまんまを今度食べてみたいな。
面白いお菓子だった。私はこの先の広がりを楽しみたい。
美味しかったです。ごちそうさまでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする